介護予防運動スペシャリスト

介護予防運動スペシャリストは、運動が苦手な中高老年期の身体作りを支援する指導者です

介護予防運動スペシャリストは、中高老年期の人たちが要介護にならないための身体作り運動の指導を行います。

高齢者の身体の特徴や運動に向かうための心理的な変化の仕組み、ウォーキングや体操などの実際の運動の方法や、動きがぎこちなくなった筋肉の動かし方などを講習会を通して学び、介護予運動動に必要な知識や技能を学習し、動ける身体作りをサポートします。

介護予防運動スペシャリストになるには

  1. 協会が開催する講習会に出席し、全日程の修了すること
  2. 講習会開催後レポート課題を提出し合格すること

で資格を取得することができます。

レポート課題:テーマ「介護予防運動スペシャリストの指導上の要点」
受講したカリキュラムの中から3つを選択し介護予防運動スペシャリストの指導上の要点として自分の活動や経験をふまえた上でまとめていただきます。レポートが基準に満たない場合は、再提出となります。

資格取得するのはどんな人?

社会福祉法人や、医療法人にお勤めで介護予防に関わっている方、介護福祉士の資格を保有されて運動知識を学習されたい方、民間企業で介護予防サービスに従事している方、地域のサークルや公民館で体操指導などに関わっている方など。今後介護予防の運動指導に関わりたいと考えている方。

健康運動指導士資格更新のための単位認定講習会として認定されています(認定番号246202)です。 講義: 420分【7単位】 実習: 430分【7.2単位】


単位認定をご希望の方は、資格証を申込ページからアップロードしてください。

ミズノスポーツ振興財団の助成を受けて実施します。

受講条件満18歳以上の方
受講期間集合学習2日間と動画配信
受講料+資格取得費用
(資料、教材費を含む)
一般 45,000円
会員 42,000円
高齢者体力テスト指導士 44,000円
(資格をお持ちの方はお問い合わせください。)
資格取得費用内訳
指導者維持会費(4カ年登録料)13,200円/認定料 2,200円/審査料 2,200円
受講料
(資料、教材費を含む)
健康運動指導士/健康運動実践指導者の単位認定講習会のみの方 2日間
一般 34,000円
介護予防運動スペシャリスト資格をお持ちの方
スキルアップ受講 17,000円
お問い合わせください。
資格の有効期限4年
4年後に更新のご案内をお送りします。 
1回目更新は有効期限が切れる前にご案内をお送りします。更新料のお手続きを頂ければ更新完了です。1回目の更新での有効期限は2年です。 
キャンセル料について

<決済後のキャンセル>は以下の割合をキャンセル料として差し引いて返金致します。

  • 入金から8日前 3,400円(受講料の10%)
  • 7日前~前日16時まで 受講料10,200円(受講料の30%)
  • 前日16時以降~当日 34,000円(受講料の100%)
  • 連絡なし 受講料と資格取得費用の100%
  • 天災地変により欠席となる場合は、事務手数料として 1,100円を差し引いて返金いたします。
  • 使用施設の利用休止があった場合は、やむを得ず開催を延期することがあります。

講習会スケジュール

日程会場申込
集合学習2日間と動画配信
2024年7月13日(土)~7月14日(日)
オリンピック記念青少年総合センター
東京都渋谷区代々木神薗町3番1号
4月15日募集開始

お申し込み方法

講習会申込サイトをご利用の上決済を行ってください。

決済を済ませた方へ、講習会テキストなどの資料をお送りします。原則として資料の発送は、金曜日に行います。

募集要項

問い合わせ先

公益財団法人 日本スポーツクラブ協会
問い合わせフォーム

受講された方の声

ユーザーアイコン

介護予防の現場で今回学んだ実技・知識を、皆様の生活力をサポートできるように活用したい。
神奈川県 女性50代

ユーザーアイコン

実際の運動指導の方法は言うまでもなく、指導していくうえでの考え方がとても良かった。
東京都 女性60代

ユーザーアイコン

シニアの体操指導をしていく上で自分の指導に必要な知識や方法を身につけることが出来た。
岡山県 女性40代

学習カリキュラムと講師(2023年予定)

講座講師
7月13日(土) 9:00 開講式 19:00 終了
ゆうゆう体操 ~いつまでも動く身体を作る~(講義・実技)板橋 雅子
株式会社長谷工シニアウェルデザイン 介護予防運動指導員
ロコモメタボ予防運動論町田修一
順天堂大学 教授
自分でできる介護予防・動きを通しての気づき ~フェルデンクライスメソッド~(演習)武井 正子
日本フェルデンクライス協会 会長
中高老年期の身体運動指導法(講義・演習)渡辺 敏明
信州大学 教授
「介護予防運動での外傷・障害予防について(応急処置を含む)」(講義・実技)野田哲由
SBC東京医療大学 教授
介護予防のためのウォーキング指導(実技)今村 明雄
セントラルスポーツ株式会社 研究所所長
中高老年期の筋トレ (講義・実技)上岡尚代
SBC東京医療大学 教授
7月14日(土) 9:00-17:00
高齢化社会と運動療法 ~ロコモ、サルコペニア、フレイル、介護予防(講義) 長岡正範
翼の舎病院 院長
リハビリテーションと運動指導の実践(演習)長岡正範・吉村光生
翼の舎病院 院長・リハビリテーション部主任
ロコモ予防の筋トレ(貯筋運動)平野 古実
貯筋運動講師
シナプソロジー(講義・実技)髙橋 友見子
健康運動指導士・シナプソロジーアドバンス教育トレーナー
【配信】
アダプテッドスポーツの基礎調整中
栄養と口腔衛生 調整中

健康体力つくり事業財団の健康運動指導士・健康運動実践指導者の更新単位

申請中

マスター指導者(生涯会員)へ

2 回目の更新は取得から継続6年以上となり、マスター指導者(生涯会員)となることが出来ます。マスター指導者についてはマスター指導者についてをご覧ください。

資料

介護予防運動スペシャリスト講習会資料
「介護予防運動での外傷・障害予防について資料

講習会の様子

介護予防運動スペシャリスト講習会
介護予防運動スペシャリスト講習会
介護予防運動スペシャリスト講習会
免責事項
  • 講習会開催中に発生した怪我その他の事故については、当協会に故意または重過失がない限り、責任は負いません。
  • 持病や治療を受けている場合、アレルギーがある場合、それらを原因とした疾病等について責任は負いません。
オリンピック記念青少年総合センターへの個人宿泊申込をご希望の方へ

講習会にお申し込み後にオリンピック記念青少年総合センターへ個人宿泊の申込が可能です。
詳細は、日本ユースホステル協会WEBサイトまたは国立オリンピック記念青少年総合センター (niye.go.jp)個人宿泊利用申込み方法をご参照ください。