中高老年期運動指導士

中高老年期運動指導士は、元気な中高年の健康づくりを支える運動指導者です

中高老年期運動指導士は、元気に活動している中高年(アクティブシニア)の健康を支える運動指導者です。中高老年の身体特性、運動スポーツ習慣の関わり、身体特性に合わせたストレッチングや筋トレを理解して運動の支援や運動指導を行い地域の元気な中高年をさらに元気にする指導者です。

中高老年期運動指導士

中高老年期運動指導士になるには

  1. 協会が開催する講習会に出席し、全日程の修了すること
  2. 講習会開催後レポート課題を提出し合格すること

で資格を取得することができます。

レポート課題:テーマ「中高老年期運動指導士の指導上の要点」
受講したカリキュラムの中から3つを選択し中高老年期運動指導士の指導上の要点として自分の活動や経験をふまえた上で意見をまとめていただきます。レポートが基準に満たない場合は、再提出となります。

資格取得するのはどんな人?

スポーツクラブや中高年を対象に運動指導を行っている方。行政や健康センターで中高年向けのウォーキングや体操などの運動指導を行っている人たち。これから中高年の運動指導に関わることを考えている方。

受講条件満18歳以上の方
受講期間2日間 (集合学習2日間)
受講料受講料+資料代+資格取得費用
1 一般(初めて受講する場合) 43,000円
2 会員・認定校の教職員及び学生 40,000円
3 高齢者体力テスト指導士取得者 42,000円
4 中高老年期運動指導士資格所有者 15,000円(スキルアップ受講)
5 受講のみ 28,000円 
(資格取得費用内訳 指導者維持会費(4カ年登録料)13,200円 認定料 2,200円/審査料 2,200円)
資格の有効期限4年
4年後に更新のご案内をお送りします。 
1回目更新は有効期限が切れる前にご案内をお送りします。更新料のお手続きを頂ければ更新完了です。1回目の更新での有効期限は2年です。

マスター指導者(生涯会員)へ

2 回目の更新は取得から継続6年以上となり、マスター指導者(生涯会員)となることが出来ます。マスター指導者についてはマスター指導者についてをご覧ください。

講習会スケジュール

日程会場申込
2024年9月28日(土)-29日(日)
オリンピック記念青少年総合センター研修室
東京都渋谷区代々木神薗町3番1号
準備中
募集チラシ

作成中

お申し込み方法

講習会へのご参加をご希望される方は、講習会管理サイトマナブルよりお申し込みください

キャンセル料について

受講通知書発送後にキャンセルされる場合は事務手数料として 1,100 円
<入金後>

  • 入金から講習会8日前まで 3,000円
  • 7日前~前日16時まで 9,000円
  • 前日16時以降~当日  28,000円
  • 連絡なし 受講料と資格取得費用の100%

  • 天災地変により欠席となる場合は、事務手数料として 1,100 円を差し引いて返金いたします。
  • 使用施設の利用休止があった場合は、やむを得ず開催を延期することがありますので、申し込み用紙を利用して申し込みをされる場合は、メールアドレスのご記載をお願い致します。

受講された方の声

ユーザーアイコン

高齢者のレベルに合った軽運動を楽しく実施する方法を学ぶことが出来た。帰って職場で活用したい。
宮城県 女性50代

ユーザーアイコン

高齢者を対象にした運動教室の際に、今回学んだ実技科目を実践したい。
富山県 女性20代

ユーザーアイコン

具体的に運動指導をしていく上で利用者に安心感を与える指導方法が理解できた。少しずつ指導に活かしたい。
鹿児島県 男性40代

学習カリキュラムと講師(2024年4月予定)

講座講師
4月20日(土) 14:00-19:00
中高老年期の身体特性論
〜メタボとロコモと身体活動・運動〜(講義)
宮地 元彦
早稲田大学 教授
生涯・健康スポーツ論
〜運動の日常生活化をすすめる運動理論〜
秋吉 遼子
東海大学 講師
身体活動と栄養田中 茂穂
女子栄養大学 教授
ジョギングの指導法今村明雄セントラルスポーツ株式会社 研究所所長
4月21日(日) 9:00-16:50
身体を柔らかく保つストレッチの方法 (講義・実技)上岡 尚代
SBC東京医療大学 教授
ダンスプログラムの指導法(講義・実技)大野 周平
セントラルスポーツ株式会社
中高老年期の筋力トレーニング(講義・実技)窪田 敦之
順天堂大学 准教授
運動外傷・障害予防論とテーピング(講義・実技)野田 哲由
SBC東京医療大学 教授

資料

中高老年期運動指導士講習会資料
ダンスプログラムの指導

講習会の様子

中高老年期運動指導士講習会
講習会
講習会
オリンピック記念青少年総合センターへの個人宿泊申込をご希望の方へ

講習会にお申し込み後にオリンピック記念青少年総合センターへ個人宿泊の申込が可能です。
詳細は、国立オリンピック記念青少年総合センター (niye.go.jp)個人宿泊利用申込み方法をご参照ください。